星降る夜にの全話あらすじ情報は?


火曜9時ドラマ『星降る夜に』の全話あらすじ情報について調査しました。

 

この記事では火曜9時ドラマ『星降る夜に』の全話あらすじ情報をネタバレなしで紹介します。

ネタバレが苦手な方も安心して、ご覧ください♪

 

なお、火曜9時ドラマ『星降る夜に』を見逃した方やもう一度見たい方は、動画配信サービス(VOD)でチェックしましょう!

 

動画配信サービス(VOD)では、火曜9時ドラマ『星降る夜に』を放送直後から最新話が見放題配信していますよ♪

 

動画配信サービス(VOD)で視聴する場合、スマホやタブレットにダウンロードして視聴できたり、CMなしで視聴できたりとメリットが多いのがポイント!

 

無料期間があり、最新話が見放題配信されているので、無料期間内に解約すれば、登録するだけで、無料で火曜9時ドラマ『星降る夜に』を視聴できますよ♪

今すぐ無料で火曜9時ドラマ『星降る夜に』を視聴したい方はコチラ!

 

火曜9時ドラマ『星降る夜に』全話あらすじ情報

火曜9時ドラマ『星降る夜に』第1話「人は恋で生まれ変わる--教えてくれたのは10歳下のあなたでした。」

 のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)。ある医療裁判がきっかけで、大病院を追われた彼女は、命の始まりと終わりが、繰り返される毎日や、窮屈で息苦しい社会の中で心がすり減り、誰にも本音を語らず、孤独な毎日を過ごしていた――。

そんなある日、鈴は息抜きのためソロキャンプへ。一人で酒をあおり、燦然と輝く星空を見上げたその時、彼女の前に1人の美しい青年・柊一星(北村匠海)が現れる。
どこから来たのか、何者なのか、彼は何も語らない。息が白くなる冬の星空の下で、何枚も何枚も、鈴に向けてシャッターを切る一星。しかも、鈴の酒を勝手に飲み始めたかと思えば、寒さに震える彼女に自分のマフラーを甲斐甲斐しく巻いてくる。やけに図々しくて、でも慈しむように優しくて…。不思議な青年に戸惑いつつも、酒の力もあいまって、そのまま鈴と一星は、キスをして…!?
翌朝。微妙に記憶のない頭を抱えて目覚めた鈴は、一星が何か手でサインを伝えたまま、去ってゆく背中を見送る。あれは夢だったのだろうか…非日常な思い出を片手に現実に戻った彼女は、やがて、一星から送られたサインの意味に気づく。

「お前のゲロ、全部片付けた、バ~カ」
―そう、彼は、手話で悪態をついていたのだ。
2人はまだ知らない、この数日後、また出逢う運命にあることを。

人は恋で生まれ変わる。教えてくれたのは、10歳下のあなたでした―。
これは、命の《はじまり》と《終わり》をつかさどる2人が、
世間の決めた”概念“を超えて、愛を知ってゆく物語。
果たして、鈴と一星の運命は…?

ドラマ公式サイト

火曜9時ドラマ『星降る夜に』第2話「恋は出会いから、加速へー10歳差ピュアラブ、本格始動。」

 星降る夜に出逢った、音のない世界で生きる遺品整理士・柊一星(北村匠海)――ちょっと図々しいけれど、慈しむような優しさにあふれる彼と“運命の再会”を果たした産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)。亡き母の遺品整理を通し、まっすぐで温かい一星に心を救われた鈴は、あの日返し忘れていたマフラーを手に、海で写真を撮る彼に会いにゆく。覚えたての手話で感謝を伝える鈴、すると一星はきらめくような笑顔を見せ、そのまま突然「ありがとうって言うなら、お礼して」と切り出し、強引に鈴を映画館へ引っ張っていく。
流されるままに、一星と共に映画を楽しみ、ハンバーガーを食べる鈴。2人の年齢が“10歳差”だと知っても、「たった10コだろ」と気にも留めないわりに、ソースを口元にくっつけたり、むくれたり、何かと子どもっぽくて無邪気な一星。かと思えば、仕事終わりの鈴をグイグイと居酒屋に誘い、親友の佐藤春(千葉雄大)を巻き込んで、遺品整理現場で見つけた伝説のAVの話や、彼が旅してきた世界の友達の話に花を咲かせるなど、鈴を非日常へと引き込んでゆく。そんな、うらやましいほど自由な彼と接するうち、窮屈に生きがちだった鈴の心は徐々にほぐれていき…。
一方、鈴の勤務先である「マロニエ産婦人科医院」では、出産を終えたある妊婦(清水くるみ)が「子どもなんていらない」と言い放ち、その場は騒然。中でも45歳の新人産婦人科医・佐々木深夜(ディーン・フジオカ)はひときわ沈みこんでしまう――。無事この世に生を受けたのに、祝福されない命があることに納得いかない深夜。そんな彼に、自らが抱える医療裁判について鈴は語り出し…?
そんな中、匿名妊婦が我が子を置き去りにして、病院から逃亡!? 鈴からその話を聞き、いてもたってもいられず、逃げた母親を探そうと立ち上がる一星。だが、鈴はそんな一星を引き留めて…。

恋は出会いから、加速へ――。
10歳差ピュアラブ、本格始動。
雪が舞い散る踏切で、一星が鈴に伝えたかった想いとは――?

ドラマ公式サイト

火曜9時ドラマ『星降る夜に』第3話

「雪宮鈴、好きだ」――。
雪降る夜に、真っすぐな瞳で、踏切越しにあふれる思いを伝える一星(北村匠海)。不意の告白に驚き、立ち尽くす鈴(吉高由里子)に走り寄り、2人は見つめ合い、キスを…するのかと思いきや。
「待て。まてまてまて」――あまりの展開の速さ、そして一星が10歳下であることへの戸惑いが入り混じり、鈴は一星のキスを寸前で制止。「なんで?」と子犬のように不満を訴える一星に、鈴は言い放つ、「とりあえずステイ」。しかし、その胸は密かに恋の予感に躍っていて――。

翌日、おもむろに手話教室への申し込むボタンをぽちりと押す鈴。そこで、遺品整理のポラリスの社長・北斗千明(水野美紀)と遭遇し、2人は居酒屋で意気投合!遺品整理士の仕事について聞いてゆくうちに、一星が遺品整理を目指した理由が、7年前、彼の両親が亡くなったことがきっかけだと知る。お節介なほどに遺族に寄り添おうとする一星が抱えた思いを、はからずも知ることになった鈴は…?

一方、鈴の勤務先であるマロニエ産婦人科医院では、たまにはみんなで息抜きに釣りに行こう、と院長・麻呂川三平(光石研)が奮起!しかし当日やってきたのは、麻呂川と45歳の新人産婦人科医・佐々木深夜(ディーン・フジオカ)のみ! しかも、結婚記念日だったことをうっかり忘れていた麻呂川がまさかの途中離脱…。釣れた魚を託されたものの、料理なんてほぼできないし…と困り果てた鈴は、深夜の家で彼の手料理を振る舞われることに。

魚をさばく深夜に、ふと「どうして医者になったの?」と問いかける鈴。すると深夜から、思わぬ“悲しい過去”を知らされることに。更に、彼がマロニエ産婦人科にやってきた理由、そして「雪宮先生みたいな医者になりたい」と語る理由は、10年前、2人は既に出逢っていたからだ――という真実も明らかに…。
衝撃の事実に胸をしめつけられ、思わず涙する鈴。そんな鈴の涙に、思わず触れようと手を伸ばす深夜。そんな2人の姿を、運命のいたずらか、一星が目撃してしまい…?

明かされる一星と深夜の過去。
近づいたはずの、2人の距離は、波のように揺れ動く――。
深夜が伝えたかった“もう1つの想い”とは――?

ドラマ公式サイト

火曜9時ドラマ『星降る夜に』作品情報

公式サイト 土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』公式サイト
公式Twitter 土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』公式Twitter
放送開始日 2023年1月14日(土)
放送局 テレビ朝日:2023年1月14日(土)より 毎週土曜日23:30~

⇒土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』の放送日・放送局情報はコチラ!

キャスト 望月星太郎(演:高橋一生)
望月航(演:橋爪功)
水森ひかり(演:本田翼) ほか
⇒土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』のキャスト情報はコチラ!
主題歌 『夜空を翔ける』:ケツメイシ

⇒土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』のキャスト情報はコチラ!

火曜9時ドラマ『星降る夜に』の全話あらすじ情報まとめ

火曜9時ドラマ『星降る夜に』の全話あらすじ情報について調査しました。

最新情報が入り次第、お知らせします。

 

火曜9時ドラマ『星降る夜に』を見逃した方やもう一度見たい方は動画配信サービス(VOD)でチェックしましょう♪

数多くあるVODのなかでは、

がオススメ!

 

どちらに入った方がいいか迷った人は、まずは最新話を無料視聴できるABEMAプレミアムがオススメ!

  • 火曜9時ドラマ『星降る夜に』の最新話が放送直後から見放題配信スタート!
  • 無料期間中に解約すれば0円で火曜9時ドラマ『星降る夜に』の最新話を視聴できる!
  • 2週間無料体験でドラマだけでなく、人気アニメやバラエティー番組が見放題!

 

ABEMAプレミアムに登録したことがない人はぜひ登録しましょう!

 

\火曜9時ドラマ『星降る夜に』の最新話を2週間無料体験で視聴するならクリック!/
星降る夜にを無料視聴するならコチラ!
▲登録するだけで無料視聴OK!▲

 

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況は動画配信・音楽配信・電子書籍の
各配信サービス公式サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事