石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ーのキャスト情報

2022年7月15日(金)よりTBSで放送された金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』のキャスト情報を紹介します。

主演を務めるのは、有村架純さんと中村倫也さんです♪ほかにも魅力的なキャスト陣が多数出演されます。

そこで、本記事では、

といった人に対して、金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』のキャスト陣について紹介します。

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』を見逃した方やもう一度見たい方は、

結論

動画配信サービスParaviで見放題配信中!
※ただし、Paraviの体験は2022年6月20日に終了しましたので、全話無料で視聴できるサービスはない

でチェックしましょう♪

なお、金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』の作品情報は下記記事をご覧ください。

また、金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』のキャスト陣の番宣情報は下記記事をご覧ください。

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』キャスト情報(レギュラー)

石田硝子(有村架純)/羽根岡佳男(中村倫也)

【石田硝子(有村架純)】

東大卒のパラリーガル。
学生時代から「真面目でコツコツ積み上げていく、そして石のように頭が固い」ことから「石子」と呼ばれている。東大法学部を首席で卒業したものの司法試験に4回落ち、5回目も落ちるのが怖くて試験を受けることを諦め、パラリーガルとして父親が営むマチベン「潮法律事務所」に勤めている。父親の綿郎と2人で暮らしている。少しの無駄も許さない倹約家。
(※パラリーガル...弁護士の指示・監督のもとで、法律関係の事務に携わる専門職。)

 

【羽根岡佳男(中村倫也)】

高卒の弁護士。
高校卒業後、アメリカの大学へ進学したが半年で自主退学。その後アメリカを数年間放浪していた自由人。写真のように見たモノを記憶する「フォトグラフィックメモリー」の持ち主で、そのおかげで司法試験も一発合格。自分が周りからどう見られているかの「ブランディング」を何よりも気にしていて「型破りな天才弁護士」に憧れている。
ある日、ひょんなことで綿郎と出会い「潮法律事務所」にやってくる。

潮綿郎(さだまさし)

弁護士で潮法律事務所の所長。石子の父。
困っている⼈を放っておけない、根っからのお⼈好しで⼈情派。お⾦にならないトラブルを格安で請け負っているため、事務所の経営はいつも⾚字状態。娘の⽯⼦からは「ほどほどにしてください」と厳しく釘を刺されている。老若男女、誰とでも友達になれるフレンドリーな性格。

大庭蒼生(赤楚衛二)

中古車販売店で働く販売員。
高校時代は剣道部に所属。真面目に打ち込み、3年間エースとして活躍した。真面目かつ不器用で面白みはないが、まっすぐで心優しく、困っている人を見ると助けたくなる性格。
カフェで充電をしていたら訴えられてしまい、石子と羽男が働く潮法律事務所に依頼に来る。

塩崎啓介(おいでやす小田)

父親が営む「そば処 塩崎」で働いている。
明るくて気さくな性格で、出前を口実に「潮法律事務所」に寄っては、綿郎とよくおしゃべりをしている。独身で、石子に一目惚れし何度もアプローチしているがまったく気づいてもらえない。

硝子の母(竹中友紀子)

遺影写真で登場

羽根岡泰助(イッセー尾形)

羽男の父親、裁判官。
羽根岡家の中心的な存在で、独特のオーラを放つ人物。愛する家族はみな優秀と信じて疑わず、その家族が毎年自分の誕生日を祝ってくれることに幸せを感じている。

羽根岡優乃(MEGUMI)

羽男の姉、検事。
正義感が強く周囲から頼られ人あたりもいい。 東京地検の若手エースとして期待されてる。

:株式会社ナカマルの社長。

御子神慶(田中哲司)

謎の人物。短パンにビーチサンダルの出で立ちで「ナカマル」に黒塗りの高級車で乗り付け、平身低頭の社員たちに出迎えられる。
会社経営者とその社員たちを集めた会合をホテルで開催する。

刀根泰士(坪倉由幸)

オフィス用品販売会社「ナカマル」の社長。大庭を御子神の主催する会合に参加させる。

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』キャスト情報(ゲスト)

事案01:沢村篤彦(小関裕太)

「カーキャプテン」の営業で、大庭の同僚

事案01:矢野(丸山智己)

「カーキャプテン」小井出店の支店長

事案01:梅林(田中要次)

「カフェ・ド・セボン」の店長。店のコンセントで充電を行っていた大庭を訴え、損害賠償として100万円を請求してくる。

事案01:その他ゲスト

  • 離婚調停中の夫婦(長友郁真、中井千聖):羽根岡が夫側の代理弁護人を務めたが・・・
  • 弁護士(ふるごおり雅浩):離婚調停の妻側の代理弁護人

事案02:相田瑛子(木村佳乃)

孝多の母親。シングルマザー。潮法律事務所が開催した大型ショッピングモールで無料法律相談会に息子が内緒でスマホゲームに課金した金額を返金してほしいと相談に来る。

事案02:丹澤文彦(宮野真守)

ゲーム運営会社の顧問弁護士。羽男の「リック&ベンジャミン法律事務所」時代の元同僚。

事案02:深瀬梨歩(富田望生)

中学受験学習塾「ビルドアップ」の女性事務員

事案02:その他ゲスト

  • 相田孝多(小林優仁):小学生。母に内緒でスマホゲームに課金していた。
  • 近藤(神谷圭介):中学受験学習塾「ビルドアップ」の講師。
  • 北野栄一(横山歩):「ビルドアップ」に通う受験生。孝多の友達。実家が代々医者の家系。
  • 田中絵美瑠(夏野琴子):「ビルドアップ」に通う受験生。孝多の友達。羽男が弁護士だが高卒と知ると対応が冷たくなる。

事案03:山田遼平(井之脇海)

映画を短く編集する「ファスト映画」で著作権法違反で映画会社から告訴、逮捕された大学生。

事案03:山田恭兵(でんでん)

遅咲きで評価された映画監督

事案03:その他ゲスト

  • 赤井秀美(赤間麻里子):映画制作会社の社員。新作映画公開を控えたタイミングで山田監督が風評被害を受けたことから、原因となった山田遼平を名誉棄損で訴えようと監督に進言する。
  • 諸星(今井隆文):助監督。熱心な山田監督ファンで、彼を待ち伏せして懇願し、スタッフとなった経歴を持つ。
  • 裁判長(岩田知幸)

事案04:堂前絵実(趣里)

以前、潮綿郎に弁護を依頼したことがある関係で、妹・堂前一奈の件で潮法律事務所に弁護の依頼をする

事案04:堂前一奈(生見愛瑠)

堂前絵実の妹。運転する電動キックボードを新庄隆信にぶつけてしまう。

事案04:新庄隆信(じろう(シソンヌ))

堂前一奈が運転する電動キックボードにぶつかり転倒してしまう

事案04:ゲスト

  • 新庄和可葉(西山繭子):隆信の妻。一奈がキックボードで夫をはね、そのまま逃げられたと夫が発言していたと主張し、一奈がひき逃げ容疑で逮捕される。
  • 違法カジノの黒服(一ノ瀬ワタル):新庄の紹介で来店したと嘘をつき入店した石子と羽男を、新庄がそのような紹介はしていない確認が取れたことから監禁しようとするが、カジノ摘発に乗り込んできた警察に逮捕される。
  • 裁判官(林和義):一奈と新庄の交通事故の刑事裁判の担当判事。
  • 目撃者(黒田浩史):一奈と新庄の交通事故当日の新庄の目撃者。一奈の証言と同じく、新庄からリンゴの様な甘酸っぱい匂いがしたことを証言する。
  • 優乃の先輩検事(もろいくや):一奈と新庄の交通事故の刑事裁判を優乃が担当することを知り、新庄の証言を彼が検事正の娘婿であることから「長い物には巻かれよう」と信用するよう優乃に促し、相手側弁護士が弟の羽男だからといって手を抜かないようにと釘をさす。

事案05:重野(中村梅雀)

そば店の塩崎の叔父。隣の家の木が自宅にまで伸びていて、毛虫が大量発生して困っている。

事案05:万寿江(風吹ジュン)

重野家の隣人

事案05:ゲスト

  • 橋本(しのへけいこ):久瑠賀町の住人。羽男と石子たちの事情聴取に、1年前に越してきた有森は町内のマドンナ的存在であると答える。
  • 川越浩介(渡辺哲):久瑠賀町の町内会長。司法書士で有森に騒音問題の件を一任されたと主張し、騒音問題の内容証明を作成した張本人。
  • 医師(島田桃依):久瑠賀町の鶴山病院の女医。腹痛に苦しんだ石子が卵巣嚢腫の疑いがあると診察する。

事案06:高梨拓真(ウエンツ瑛士)

幽霊物件と知らずに家族で分譲賃貸マンションに越して来た

事案06:ゲスト

  • 高梨文香(西原亜希):高梨拓真の妻。幼い双子の息子を抱え育児ノイローゼ気味。
  • 高梨天(瀬脇碧斗)、高梨海(葭内悠晴):高梨家の1歳半の双子。
  • 六車瑞穂(佐藤仁美):高梨家族が契約した分譲賃貸マンションの不動産会社「ミズホーム」社長
  • 金子(伊藤修子):高梨の隣室の住人。マンション内で幽霊が出る噂があると管理組合の会合で羽男たちに証言する。
  • 谷(さいとうなり):子育て中の105号室の住人。8月29日に怪しい人物を目撃したが、住民を売るような気持ちになり、会合で羽男たちに言いそびれていた。
  • 熊切恵(向里祐香):子育て中のマンションの住民。
  • 落合(江端英久):マンションの管理人。
  • 藤崎(三田村賢二):藤崎工作所の社長。
  • 藤崎の妻(松山尚子)
  • 村井邦久(くまかつみ):藤崎工作所の元社員。506号室の高梨家のひとつ前の住人。
  • マサーラカリーの店主(ラジャS):キッチンカー「マサーラカリー」の外国人店主。

事案07:川瀬ひな(片岡凜)

繁華街・丸来町まるきちょうにある山室ビルの横、通称「山ヨコ」に集まる少女の一人。

事案07:ゲスト

  • 東美冬(小林星蘭):地雷系ファッションに身を包む少女。1カ月前に家出し、流れ着いた「山ヨコ」で出会ったひなと意気投合する。
  • 東辰久(野間口徹):美冬の継父。美冬の母・三奈美の再婚相手。
  • 東三奈美(坂倉奈津子):美冬の母親。再婚相手の東辰久の暴力を恐れ、彼に支配されていた。
  • 山ヨコキッズの未成年(松本怜生):キッチンカーの物損事故について聞こうとした羽男に「代わりにタバコ買って」とねだる。
  • 木崎成貴(若林時英):カフェ「KNIGHT」の従業員。
  • 桑田佳那美(湊さやか):丸来町に集まる若者たちから「K」と呼ばれ支持されていた人物。
  • 舟木(是近敦之):美冬によるキッチンカー物損事案の民事裁判の東辰久側の代理人弁護士。
  • 裁判長(大滝明利):美冬によるキッチンカー物損事案の民事裁判の裁判長。

事案08:香山信彦(梶原善)

「隠れ家」を売りにする創作料理店「INSIDE」の店主。

事案08:ゲスト

  • 香山洋(堀井新太):大喧嘩したまま疎遠になっている信彦の息子。
  • 香山蘭(小池里奈):洋の妻、妊娠7ヵ月。夫と義父の不仲から、まもなく孫が生まれることを義父に伝えられず悩む。
  • 沙月(橘美緒):「inside」の元アルバイトスタッフ。フリーライター。香山蘭と同じ大学の友人。
  • 江崎(吉増裕士)、久保(川崎麻里子)、林(野田慈伸):「inside」の常連たち。
  • 定井(井上肇):グルメ情報サイト運営会社「ドットM」の社長。香山信彦からの「ウマレポ」情報削除請求訴訟に勝つよう、顧問弁護士の丹澤にプレッシャーをかける。
  • 裁判長(渡辺憲吉):「inside」と「ドットM」とのウェブサイト情報削除請求事案の担当裁判官。
  • 嵯峨根(桜井聖):刑事。大庭を放火の容疑で逮捕する。

事案09:ゲスト

  • 大庭香代子(いしのようこ):大庭蒼生の母親。蒼生が放火殺人容疑で留置され、弟の拓の罪を被ろうとしていることを知り、息子の身を案じる。
  • 大庭敏秀(中村シユン):大庭蒼生の父親。息子が放火を自白したことを信じられず、動揺する。
  • 大庭拓(望月歩):大庭蒼生の弟。書道を生業としている。生まれつき人と接することが苦手で、昼は家に籠り、夜中に外に出歩いている。
  • 保科(永岡卓也):御子神のマネージャー。
  • 日向理一郎(平田広明):タクシー運転手。妹尾市の放火された下川北公園のトイレから焼死体で発見された男性。
  • 日向綾(山本未來):理一郎の妻。不動産仲介業者「グリーンエステート」が不動産投資を契約解除してくれないことから、夫が「グリーンエステート」と揉めており、夫は社長の大庭に殺されたはずだと接触してきた羽男と石子に告げる。
  • 高岡良樹(森下能幸):「すずかぜ整体院」の整体師。不動産投資詐欺の被害者。整体院の患者で「四つ星ハウジング」の社員・山本広行から相場より安い価格で石川県のマンションオーナーに成れ、満室で直ぐに家賃収入を得られるので損はしないと物件投資を呼びかけられる。満室で遠方ということで内見なしで投資するが、投資した途端、マンションの入居者が次々退去したので、投資した金の返金を求めるが拒否され、やがて電話がつながらなくなり、警察に相談するも詐欺での立件は難しいと言われたため、「潮法律事務所」に相談に訪れた。
  • タクシー会社社長(栗田昌治):日向理一郎が勤務するタクシー会社の社長。日向が焼死した日の行動を調べに来た羽男に、会社の防犯カメラの映像を提供する。
  • 磯山裕子(石丸奈菜美):嵯峨根と共に大庭を放火殺人の容疑で取り調べていた妹尾警察署の刑事。弟の拓が警察まで証言に来たことを大庭家に連絡してくる。
  • 榊原若浩(森本のぶ):「四つ星ハウジング」の社長。

最終事案:ゲスト

  • 犬塚(岩谷健司):「四つ星ハウジング」と「グリーンエステート」の代理人弁護士。
  • 秋山(池下重大):石川県のリフォーム会社「あすなろリフォーム」の社長。
  • 老婦人(三谷悦代):塩崎の紹介で「潮法律事務所」を訪れた女性。塩崎の蕎麦屋の常連客で愚痴を言い出すと止まらなくなる。家の前を掃除しても次々に通行人がゴミをポイ捨てして切りがないので、ポイ捨てする通行人全員を訴えたいと綿郎に相談する。この「ポイ捨て」という言葉から羽男は不動産投資詐欺の罪を免れた御子神に一矢報いる奇策を思いつく。
  • 制服警官(川瀬陽太):タバコの吸い殻をポイ捨てした直後の御子神を、石子たちが1ヶ月に53回ポイ捨てしていた証拠を提出して警察に火災を招く悪質な犯罪と告訴し、受理されていたことから現行犯逮捕する。

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』作品情報

公式サイト 金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』公式サイト
公式Twitter 金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』Twitter
放送開始日 2022年7月15日(金)
放送局 TBS:2022年7月15日(金)より 毎週金曜日22時00分~
VOD Paravi
キャスト 石田硝子:有村架純
羽根岡佳男:中村倫也
潮綿郎:さだまさし
大庭蒼生:赤楚衛二
塩崎啓介: おいでやす小田
主題歌 「人間ごっこ」RADWIMPS

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』キャスト情報まとめ

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』キャスト情報を紹介しました。

金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』が配信されるのはParaviだけです。

Paraviでは、金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』はもちろんのこと『インビジブル』などの過去の金曜ドラマが見放題配信されていますので、イッキ見しましょう♪

\金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』を見放題視聴するならクリック!/
Paravi公式サイトはコチラ!
Paravi

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトにて
ご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事