警視庁アウトサイダーのキャストや相関図は?


木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』のキャスト情報について調査しました。

 

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の主演は西島秀俊さんです♪

他にも魅力的なレギュラーキャストやゲストが出演しますので、Twitter情報をまとめながら紹介します♪

 

なお、木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』を見逃した方やもう一度見たい方は、動画配信サービス(VOD)でチェックしましょう!

 

動画配信サービス(VOD)では、木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』を放送直後から最新話が見放題配信していますよ♪

 

動画配信サービス(VOD)で視聴する場合、スマホやタブレットにダウンロードして視聴できたり、CMなしで視聴できたりとメリットが多いのがポイント!

 

無料期間があり、最新話が見放題配信されているので、無料期間内に解約すれば、登録するだけで、無料で木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』を視聴できますよ♪

今すぐ無料で木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』を視聴したい方はコチラ!

 

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』キャスト情報(レギュラー)

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』相関図

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の相関図はコチラ!

架川英児(演:西島秀俊)

桜町中央署刑事課警部補。警視庁組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”の刑事だったが、あるトラブルに巻き込まれ、所轄の刑事課に左遷された。サングラスにダブルのスーツを着こなし、見た目は極道そのものなのに、血を見るのが苦手という意外な一面も。ときには組織のルールも破り、グレーな手段に出ることもあるが、元マル暴ならではの視点で事件解決のきっかけをつかんでいく。
反社会的勢力を許す気はないが、そこからはみ出した人間には更生の道も示すなど、実は人情に厚く、世話焼きな面もある。本庁への復帰を強く望み、そのために光輔と手を組むが…!?

ドラマ公式サイト

蓮見光輔(演:濱田岳)

桜町中央署刑事課のエース。捜査力はもちろん、人あたりも柔らかく、まさに非の打ち所のない刑事。しかし、実は彼が刑事になった背景には誰にも言えない大きな秘密があり、本来の人格をひた隠すため、常に穏やかな笑みを携えていたのだ。そんな中、英児に秘密を感づかれ、彼の上層部への点数稼ぎに協力するという交換条件をのみ、いびつなタッグを組むことに…。
頭もキレ、冷静沈着で推察力も高い。刑事の基礎に忠実だが、土壇場で独特なひらめきを見せることが多く、そこは英児も一目置いている。英児と直央を操る、司令塔的な存在。

ドラマ公式サイト

水木直央(演:上白石萌歌)

桜町中央署刑事課に応援配属された、新人刑事。幼少期に両親が離婚し、母と2人暮らし。実父は警視庁副総監だが、直央に独り立ちしてほしいという父の意向でその事実は周囲に伏せられている。入庁したのは安定した公務員になりたかっただけで、もともとは事務職志望。そのため、刑事課の仕事はノリ気でなく、「能力以上の仕事をやらせるって、パワハラだと思うな~」などとズバズバ遠慮なしにモノをいう。裏表がなく、感情ダダ漏れで憎めないタイプ。英児や光輔と捜査に臨むうち、刑事としての使命が芽生え、自分なりに事件を突破するようになっていく。

ドラマ公式サイト

仁科素子(演:優香)

桜町中央署鑑識係、警部補。無口で他人とあまり関わりを持とうとしない、一匹狼女子。協調性はゼロだが、鑑識としての腕は超一流。職人気質で集中力が高く、常に的確な仕事をする。架川英児に弱みを握られているのか、何かにつけて呼び出され、グレーな仕事をさせられる。

ドラマ公式サイト

羽村琢己(演:福士誠治)

警視庁警務部人事第一課監察係。警部補。鷲見組と繋がっているとされる、架川を見張っている。また、光輔の過去の履歴にも疑問を持ち、2人の事を監視している。

ドラマ公式サイト

矢上慶太(演:小松和重)

桜町中央署の刑事課・課長。警部。とにかく厄介ごとを避けたい。架川が問題を起こさないかヒヤヒヤしている。テイの良い言葉を並べ、エースの光輔に架川のお守りをさせている。そして副総監の娘である直央に対しても、尋常ではない腰の低さを見せている。

ドラマ公式サイト

倉間彩子(演:野波麻帆)

桜町中央署警務課、事務職員。よく米光麻紀と行動を共にしている。面倒見がよいのかお節介なのか、男社会の刑事課で疲弊する水木直央の、止まり木的な存在となる。

ドラマ公式サイト

米光麻紀(演:長濱ねる)

桜町中央署警務課、巡査長。倉間彩子と行動を共にし、とにかくウワサ好きで桜町中央署のことは米光に聞け、といわれているほど。だが、たまに現実離れしたウワサを流すことも。

ドラマ公式サイト

梅林昌治(演:長田成哉)

桜町中央署刑事課、巡査部長。『捜査は足を使ってやる』が信条の、叩き上げ刑事。常に冷静沈着に見えるが、胸には熱い情熱を秘めている。

ドラマ公式サイト

野本滋(演:ワタナベケイスケ)

桜町中央署刑事課警部補。警視庁組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”の刑事だったが、あるトラブルに巻き込まれ、所轄の刑事課に左遷された。サングラスにダブルのスーツを着こなし、見た目は極道そのものなのに、血を見るのが苦手という意外な一面も。ときには組織のルールも破り、グレーな手段に出ることもあるが、元マル暴ならではの視点で事件解決のきっかけをつかんでいく。
反社会的勢力を許す気はないが、そこからはみ出した人間には更生の道も示すなど、実は人情に厚く、世話焼きな面もある。本庁への復帰を強く望み、そのために光輔と手を組むが…!?

ドラマ公式サイト

小山内響子(演:青山倫子)

小山内雄一の妻。政界で数々の敵と戦う夫・雄一を甲斐甲斐しく支えている。夫婦仲は良好で、喧嘩する事はほとんどない。

ドラマ公式サイト

沙希(演:井本彩花)

居酒屋「龍宮城(たつみやぎ)」のアルバイト店員。客あしらいが上手く、常連の藤原始め強面の客にも愛想よく接する。地下アイドルとしての顔も持つ。

ドラマ公式サイト

藤原要(演:柳葉敏郎)

警視庁組織犯罪対策部暴力団対策課の警部で、主人公・架川英児の元上司。英児を従え、長年、組織犯罪撲滅に尽力してきた。
あるトラブルに巻き込まれ辞職に追い込まれそうになった英児を、なんとか桜町中央署刑事課への左遷でおさめてくれた恩人。英児が絶対的な信頼を寄せる人物。

ドラマ公式サイト

水木真由(演:石田ひかり)

桜町中央署の新人刑事・直央の母。元夫は、現在の警視庁副総監。
家庭をかえりみず仕事にのめり込む夫に耐え切れず、直央が幼い頃、離婚した。気が強く、真っすぐで気風のよい女性。直央の裏表ない性格は明らかに真由譲りのもの。

ドラマ公式サイト

有働弘樹(演:片岡愛之助)

警視庁副総監。水木直央の父。長野県警時代に同じ警察官だった真由と結婚し、直央を授かる。若き日に同僚を暴力団員に殺されかけた経験を持ち、以来、組織犯罪撲滅という思想に取りつかれるようになった。着々とキャリアを積み上げ、ゆくゆくは警視総監になるといわれるまでになったが…。同じ志を持つ雄一のことを、陰になり日向になり、全力で支援している。

ドラマ公式サイト

小山内雄一(演:斎藤工)

与党所属の国会議員。反社会勢力の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープで、人を惹きつけるカリスマ性を持ち、講演会を開けば女性ファンで満席となるほどの人気ぶり。
2代続く国会議員の家に生まれ、東大法学部を卒業し警察庁に入庁。代議士である父親の勧めもあり、地元・長野県警の組織対策犯罪課で経験を積んだのち政界に進出した。英児が桜町中央署に左遷されるきっかけとなったトラブル、ひいては光輔が隠し続ける恐ろしい秘密の先に、この男の影が見え隠れしてくるが…!?

ドラマ公式サイト

小山内幸三(演:利重剛)

雄一の父。有力政治家。故人。生前、雄一に警察を辞め政治家になるよう訴えていた。

秋葉圭市(演:伊藤高史)

居酒屋「龍宮城たつみやぎ」の店主。元チンピラで、藤原や英児とは旧知の間柄。

歌川チカ(演:水崎綾女)

クラブ「コフレ」のホステス。「信濃一家」の組長・当麻秀和の愛人。2013年1月9日に刃物で18か所刺されて殺害された。犯人は長野県警・春蘭警察署の梶間優人巡査部長とされている。

歌川涼牙(演:小越勇輝)

チカの息子。

梶間優人(演:神尾佑)

元・長野県警巡査部長。直人(光輔)の父。痴情のもつれで歌川チカを殺害した犯人とされた。

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』キャスト情報(ゲスト)

第1話:最上賢太郎(演:上原佑太(ダウ90000))


事件現場となった家の長男。引きこもりであったが、事件後に失踪する。

第1話:プロレスラー(演:真壁刀義、棚橋弘至、田口隆祐、オカダ・カズチカ)


刃物を持った不審者が乱入したプロレス興行に出場していた、新日本プロレスのレスラーたち。


第1話:永峰弓江(演:室井滋)


大学教授・最上憲彦(飯田基祐)宅で働くハウスキーパー

第1話:水品理奈(演:川津明日香)

最上賢太郎の幼なじみで、最上家の近くにあるクリーニング店の娘。

第1話:最上亜由美(演:星南のぞみ)

最上賢太郎の長女。

第1話:イチ(演:飛葉大樹)、ニィ(演:澤井一希)

バーテン。賢太郎の尋ね人情報を英児から拡散するよう頼まれ、「ちぇりポくん」グッズと引き換えに引き受ける。

第1話:人質(演:阿田高)

不審者に刃物を突き付けられ人質にされ、オカダ・カズチカに助けを求める女性。

第1話:その他ゲスト

  • 本間(演:谷手人):最上家の最寄りのエニシダ商店街の家電店店主。弓江の遺体の第一発見者。
  • 八百屋(演:藤原光博(リットン調査団)):エニシダ商店街の八百屋。英児が手懐けたエス(スパイ)。
  • 書店の店主(演:池浪玄八):エニシダ商店街の書店の店主。亜由美が本を万引きしたが、弓江にお願いされて警察に通報しなかった。
  • ルイ(演:浅野竣哉):弓江が太客だったホスト。弓江が恵美子の不倫をネタに金をゆすっていたと証言する。
  • 警視庁第四機捜の刑事(演:生津徹):弓江の殺害現場に臨場した英児が血を見て卒倒しそうになった様子を見て、体調不良なら外に出ろと怒鳴りつける。
  • 不審者(演:島津健太郎):警察に職務質問されると逃走し、刃物で女性を脅してプロレス興行の会場に乱入。レフェリーを人質にするが、英児にプロレス技で制圧された。
  • レフェリー(演:レッドシューズ海野):プロレス興行のレフェリー。刃物を持った男にリング上で人質にされる。
  • リングアナウンサー(演:阿部誠):プロレス興行のリングアナウンサー。

第2話:松原みちる(演:立石晴香)/麻衣(演:黒崎レイナ)/亜希(演:福室莉音)/理恵(演:木下愛華)/新見一隆(演:森田甘路)

  • 松原みちる(演:立石晴香):会社員として勤務するかたわらキャバクラで働く女性。河川敷でド派手なパリピファッションを身にまとった遺体で発見される。
  • 麻衣(演:黒崎レイナ):キャバ嬢。みちるの同僚。
  • 亜希(演:福室莉音):キャバ嬢。みちるの同僚。
  • 理恵(演:木下愛華):キャバ嬢。みちるの同僚。
  • 新見一隆(演:森田甘路):資産家の御曹司。みちるが亡くなった日の晩、自宅のある高級タワーマンションの最上階でキャバ嬢たちを招き、「爆誕祭」を開催していた。

第2話:大越(演:バッドナイス常田)

整備工場「ナイスネ自動車」の自動車修理工。「アホ女が乗っています」と書かれたプレートを貼りつけられた麻衣の自動車を引き取りに現れる。

第2話:その他ゲスト

  • ジョージ(演:とおるちゃん):「Clubカルチャー」のボーイ。英児に「カルチャー・クラブのボーイ・ジョージだ!」と騒がれる。
  • 山田(演:岡野優介):「Clubカルチャー」のキャスト送迎ドライバー。キャストに手を出していることをバラすと直央に脅され、キャストたちが新見の玉の輿を狙い、いがみ合っていた内情を明かす。
  • 「Clubカルチャー」のキャスト(演:はける舞子(新宿のめる・はける)):「Clubカルチャー」のキャスト。送迎ドライバーの山田と付き合っている。
  • 佐伯(演: 佐藤貴史):新見の住む高級タワーマンション「NIIMI ESTATIC TOWER AKANEZATO」の住人。タワマンで偉そうな態度をとるみちるに我慢できず、麻衣の自動車をみちるの自動車と勘違いし、「アホ女が乗っています」と書かれたプレートを接着剤で貼りつけていた。
  • 哲郎(演:加藤叶和):みちると高層階用エレベーターで出くわした佐伯の子供。貸したハンカチで土足で床を拭かれた上、「低層民は向こう! わきまえなさい!」と追い出される。

第3話:山野井昭(演:味方良介)

イケメン生物学者

第3話:山田真一(演:ロングサイズ伊藤(や団))

「人類総帥」を名乗る覆面動画配信者。

第3話:その他ゲスト

  • 多村凛(演:いろは):夜の街を彷徨い歩いていた女児。佐名鳥保育園の園児。真央に保護される。
    英児のことを「かがわ」と言い切れず、「ガワワ」と呼ぶ。
  • 多村加奈子(演:寒川綾奈):凛の母親。前髪ぱっつんの清楚な女性。娘を一人残し消息不明となる。シングルマザーの素性を隠し、マッチングアプリで交際相手を探していた。
  • 鴨志田久美(演:詩歩):失踪中の女性。介護センター職員。マッチングアプリで交際相手を探していた。前髪ぱっつんの清楚な女性。
  • 浦田陽子(演:名取えりか):失踪中の女性。「サンダーソニア」の社員。マッチングアプリで交際相手を探していた。前髪ぱっつんの清楚な女性。
  • 弁当店の店員(演:田井弘子):弁当店「運命の味・弁当BEN」の店員。聞き込み調査を行った英児と真央に加奈子が独身のフリをしてマッチングアプリを始めたと教える。
  • 浦田の同僚(演:佐々木さくら):浦田は「キュンメイト」というマッチングアプリで交際相手を探していたと光輔に告げる。
  • PeterPoter(演:谷川功)、ぶち(演:柳谷参助)、役名不明(演:五頭岳夫):マッチングアプリの利用男性たち。加奈子がマッチングアプリで会っていた男性を探すため、真央にアプリで呼び出される。
  • 店員(演:五十嵐啓輔):真央が山野井の自宅をがさ入れする時間を作るため、食事デートをしていたレストランの店員

第4話:手嶌春(演:浅野ゆう子)

“一途会”最高顧問。裏社会を知りつくす“女帝”

第4話:森沢美央(演:喜多乃愛)

黒石と交際していたと報道されたフリーターの女性。会費5万円のスポーツクラブで出会ったとされる。「誰でもハッピーになれる魔法」と称し、男性を騙し金を稼ぐ方法を潜入捜査で接近した直央に教える。

第4話:その他ゲスト

  • 黒石俊範(演:井上肇):元警視庁生活安全部参事官。元警視正。英児の恩人。組対の次期部長と目されていたが、鷲見組に嵌められ若い女性との不倫を週刊誌に報じられ依願退職し、自殺する。
  • 山川華絵(演:舟木幸):黒石の元妻。自殺前の黒石から送られてきた「あれは罠だ。はめられた、君も気を付けろ」と書かれた英児宛てのメッセージを渡す。
  • 船津成男(演:金児憲史):警視庁組織犯罪対策部課長、警視正。
  • 椛島寿夫(演:戸田昌宏):警視庁組織犯罪対策部部長、警視長。キャリア官僚。黒石を失脚させ、部長の座に収まる。
  • 深山哲司(演:北嶋哲也):警視庁組織犯罪対策部の刑事。英児の元部下。椛島の子飼い。
  • 森田拓平(演:西村優):警視庁組織犯罪対策部の刑事。英児の元部下。英児の身なりを古臭いと馬鹿にする。
  • 手嶌の部下(演:屋良学):手嶌の指示で組対との情報交換の段取りを行う。
  • 科警研の女(演:乙坂双葉):小谷野と羽村から光輔が飲んだ缶コーヒーの空き缶を渡され、光輔のDNA鑑定を依頼される。
  • 折原大吾(演:亀吉):長野県警の刑事。北岡に暗殺される。
  • 北岡(演:石田卓也):ヒットマン。折原を暗殺し、出頭して組対と鷲見組の癒着を明らかにしようとする藤原を狙撃する。
  • 男(演:一條恭輔):北岡の指示で、折原の遺体を土の中に埋める。
  • 制服警官(演:星野卓誠):自殺した黒石元警視正の自宅アパートを警備する警官。

第5話:小浜三代子(演:石野真子)

当麻と内縁関係にあったとされる女性。

第5話:当麻秀和(演:鈴木一真)

信濃一家 組長

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』作品情報

公式サイト 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』公式サイト
公式Twitter 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』Twitter
放送開始日 2023年1月5日(木)
放送局 テレビ朝日:2023年1月5日(木)より 毎週木曜日21:00~

⇒木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の放送日・放送局情報についてはコチラ!

キャスト 架川英児(演:西島秀俊)
蓮見光輔(演:濱田岳)
水木直央(演:上白石萌歌)
仁科素子(演:優香)
羽村琢己(演:福士誠治) ほか⇒木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』のキャスト情報についてはコチラ!
主題歌 『LOVE'S ON FIRE』:山下達郎
⇒木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の主題歌情報についてはコチラ!

2023年新春、誰も見たことのない
超異色刑事ドラマが誕生!!
《元マル暴オヤジ刑事》西島秀俊が
《秘密をひた隠すエース刑事》濱田 岳
《やる気ナシ新米刑事》上白石萌歌と
トリオで巨悪に立ち向かう!!
《アウトサイダー》な3人が見出す正義とは…!?

⇒木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の全話あらすじ情報についてはコチラ!

ドラマ公式サイト

 

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』のキャストや相関図は?まとめ

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』のキャストや相関図は?について調査しました。

最新情報が入り次第、お知らせします。

 

木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』を見逃した方やもう一度見たい方は動画配信サービス(VOD)でチェックしましょう♪

 

数多くあるVODのなかでは、

がオススメ!

 

どちらに入った方がいいか迷った人は、まずは最新話を無料視聴できるABEMAプレミアムがオススメ!

  • 木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の最新話が放送直後から見放題配信スタート!
  • 無料期間中に解約すれば0円で木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の最新話を視聴できる!
  • 2週間無料体験でドラマだけでなく、人気アニメやバラエティー番組が見放題!

 

ABEMAプレミアムに登録したことがない人はぜひ登録しましょう!

\木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』の最新話を2週間無料体験で視聴するならクリック!/
警視庁アウトサイダーを無料視聴するならコチラ!
▲登録するだけで無料視聴OK!▲

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況は動画配信・音楽配信・電子書籍の
各配信サービス公式サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事